白衣の天使は飛んでいく

31歳無職、時々看護師。

看護師の理想の職場とは?世界遺産サンパウ病院にて考える。

「看護師にとっての理想の職場とはどんな所だろう。」滞在中のバルセロナにある世界遺産サンパウ病院に行った時にこんなことを考えました。

f:id:sachikofeliz:20200731023415j:plain

 

世界遺産】サンパウ病院

7月の第一日曜日、バルセロナにある世界遺産の一つであるサンパウ病院へ行ってきました。

サンパウ病院の歴史はとても長く1400年までさかのぼります。前身の病院は地域の6つの病院を統合してつくられた医療機関として、現在のラバル地区に建設されました。

近代化などの影響で既存の病院施設が手狭になったことで、1905年より現在のサンパウ病院の建設が始められます。病院建設の支援をした銀行家のパウ・ジルへの感謝から現在のサンパウ病院という名前が付けられました。

サンパウ病院は当時としては最新の公衆衛生学に基づいて、清潔、換気が良い、自然光を取り入れ、控えめながらタイルで装飾されたアールヌーボー様式で設計されています。また療養には自然が重要ということで院内には広い庭園が広がっています。

バルセロナといえばガウディ建築ですが、サンパウ病院はリュイス・ドメネッチ・イ・モンタネールによって設計されました。

1997年には世界遺産として登録されます。

サンパウ病院はサグラダファミリアの近くに位置し、区画整備されて2つの間には建物がないので病院からはサグラダファミリアを見ることが出来ます。

f:id:sachikofeliz:20200731035459j:plain

病院からサグラダファミリアが見える。

医療施設としてしっかりと機能していましたが、建物の構造や老朽化により現代のニーズに沿った医療提供が十分に行えないことから、2008年に敷地内に近代化した施設が建設され病院機能が移転しました。

2008年は短大の2年生だったので、バルセロナで勉強していたらサンパウ病院で実習していたのかもしれません。サンパウ病院は昔も今も医療者の育成をしているそうです。

f:id:sachikofeliz:20200731035433j:plain

病室

サンパウ病院の施設面積は広く、いくつかの棟に別れて構成されていて、それぞれそ行き来する地下通路もあります。修復されていない棟もありましたが、1棟は資料棟して開放されています。

当時の医療事情を垣間見ることが出来てとても面白かったです。

入院に使われる棟はとても広く30床くらいベッドがあったそうです。当時と同じ様にベッドが設置されていました。おそらくトイレは建物の一番奥にあって、その他にタイルで装飾されたサンルームもありとても明るい印象でした。

「ベッド間の間隔は十分だけどカーテンないのはプライバシーがなくてつらいな。」

「もしこのベッド配置で勤務だったら検温は順番に行けば楽そうだけど、端にいる時に反対側の人にナースコールされたらつらいな…。」

「トイレ一番奥だから畜尿量の確認行くのが面倒だな。」

「病院の敷地内結構広いし、若干傾斜しているから車椅子押すのきつそうだな。」

と思いながら見学していました。

一通りの見学を終えて中庭で休憩しているときにふと疑問が浮かびました。

「こんなに素敵な病院で働いていても、仕事に嫌気がさすんだろうか…。」

患者にとっては理想的で建設当時は革新的な病院であっても働く看護師にとっては理想と言えるのだろうかと。

 恐らく違うでしょう。

 

看護師にとって理想の職場とは?

 看護師にとって理想の職場とはどんな所でしょう。

・給料がいい。

・人間関係良好。

・福利厚生が充実している。

・有給取得しやすい。

・キャリアアップ支援がある。

・残業が少ない。

・やりがいがある。

・教育体制が整っている。

職場紹介などではこういった所を売りとして求人を募ってる所が多いですよね。

 でも理想は個人の価値観によって違うし、同じ人物であっても経験を重ねていく事で職場に求めることに変化が生じます。

結婚や出産による生活環境の変化、ライフワークバランスの変化は誰にでも起こります。そんな時は今働いている職場は理想的な環境とはならないかもしれません。

私の場合、初めて就活をした看護学生の時は…

・教育体制がしっかりしている。

・給料がいい。

・施設が綺麗。

という3つの点が重要でした。

実家から通勤圏内にある病院を知り、面接をすることを前提とした病院見学に行きました。見学時に悪い印象がなかったことと、就活をするのが面倒だったので「ここでいいか。」という軽い気持ちでそのまま入職すること決めました。

結果的に”新人看護師の私にとっては理想的な職場”だったのでとても幸運だったのですが、今の自分にも理想的な環境であるかというと、そうではないと思います。

「お金は欲しい。でも夜勤はしたくない。」

「給料に見合った仕事はするから、キャリアアップとか求めないでほしい。」

「やりがいのある仕事がいい。でも給料が低いにはいやだ。」

「人間関係良好とが逆に煩わしい。仕事だけしたい。」

「お給料が少し低くても、休みが多く欲しい。」

経験を重ねると”理想は複雑化”します。

個人の価値観が重視されるため1人の看護師にとって理想的な職場であっても、他の看護師にとっては理想的とは限りません。

 

私の理想の職場

今の私にとって理想の職場の条件は…

・給料がいい。

・急性期の医療現場。

・日勤のみがいい。

・体力的に楽。

・1ヵ月くらい連休をくれる。

私の理想をあげてみましたが、こんな職場はないでしょうね。

急性期疾患をみる医療現場から離れて3年になるので、そろそろ現場に戻りたい気持ちがあります。医療は日々進歩しているし、仕事をしていて一番やりがいを感じたのは臨床で働いているときだったので。

でもこの3年間で単発派遣看護師の仕事や中長期(1年未満)の派遣・非常勤雇用として色々な職場を経験して「急性期の看護師の仕事ってすごく大変なのに割に合わないな…。」という思いが強くなりました。

私が正規職員として働いてこなかった理由は、数か月単位でしか日本で働けないためでした。

自力で就活するのは難しい条件だったので、看護師派遣会社で私の希望する【雇用期間・給料・通勤時間】に合った職場を紹介してもらったのですが、その時は職務内容については一切問いませんでした。まさに、金のために働くという感じです。*違法なことはしてません。

派遣会社の営業の方のおすすめの就業先ということで一番最初に提案された場所で働いたのですが、仕事量は比較的少なくて楽な職場を紹介していただいたと思います。もちろん給与の面でも納得していました。

同僚もいい人ばかりだったので、分からないことは聞きやすい環境だったし勤務中に雑談したりとても穏やかな職場でした。*私にとっては。

でもその仕事にやりがいや楽しさがあったかと言うと、それは違いました。

看護師が必要だから配置しているけど仕事量は少ない職場だったので、時間を持て余しては何とか仕事を見つけていましたが、”ほぼ待機”の様な時間も多かったです。

正直にいって「つまらないな。」と思いました。

それでも、臨床でバリバリ夜勤もしながら働く看護師の友達よりはお給料が良かったです。

派遣の働き方は福利厚生がないですがそれを差し引いても、仕事量の差などを考えると派遣の方が給与面では有利なのではないかと感じました。

その時は短期間でお金を稼ぐことを第一の目的として働いていたので、【少ない仕事量で高収入】は理想の職場でした。

でも今後数年単位で日本で働くとなればやっぱり仕事に少しはやりがいを求めると思うので、この職場は選ばないかなと思います。

f:id:sachikofeliz:20200731185924j:plain

 

理想の職場の求め方

勤続年数が上がれば基本給も増えてくるしお祝い金や特別休暇、退職時には退職金を支給されます。

私の同期は今年勤続十年を迎えました。「仕事を始めた時は10年も同じ場所で働くとは思わなかったけど、辞める理由もないから続けた。」のだそうです。「今は結婚・出産してマイホームも購入したので辞められなくなった。」と笑っていました。

 辞める理由がないというのは、仕事を続ける立派な理由になります。

10年、20年と、同じ環境・同じ仕事量で働くことは簡単なことではありません。長期勤労者と支える家族は称賛に値します。

転職歴が多いことは好ましく思われませんが、私は転職は悪いことだと思いません。

なぜなら、転職理由がどんなものであっても、そこには働き続ける意思があるからです。

転職をしたということは、その数だけ就職活動をしたということですよね。

控えめに言っても、転職って面倒くさいです。

就活自体も労力がいりますが、新しい職場の同僚と円滑なコミュニケーションをとることや仕事のやり方を覚えることはとても疲れる作業です。

転職の必要がなければ知り尽くした職場で顔見知りの人間と一緒に働くことが一番楽だと思います。

でももし職場の環境や待遇が自分の希望と合っていないと感じたら?

多くの看護師さんは何かしらの不満を持ちながらも、我慢して働いているのではないでしょうか。

金銭的な理由で働くことを止めることが出来ない人は多いでしょう。でも、不満をもったその職場で働く必要は必ずしもありません。

 ・今より収入を多くしたい。

・体力的、精神的に楽な仕事がしたい。

・キャリアアップしたい。

・扶養内で働きたい。

・人間関係がいい所で働きたい。

 色々な理由があると思います。

看護師が働ける場所は山のようにあります。その中には自分の理想に近い職場もあるかもしれませんが、探さない限りは巡り合うことが出来ません。

自分の理想に近い職場を探して、長く看護師として働く。

自分の利益だけではなく、看護師不足とされる医療現場の双方にとって良いことだと私は思います。

 私は今、看護師の仕事はお休み中です。

日本に帰ったらどんな所で働こうか、少しずつ考えていきたいです。